ニューノーマルのサラリーマンの生き方指南

新着記事
人気記事
転職の技法

転職を成功させている人は、全員とは言いませんが、その多くが「受かる確率を上げるテクニック」を理解・活用しています。当サイト『転職の科学』に興味を持っていただいた読者の皆さんのために、「転職の技法」|通過率・内定率・成功率を上げるテクニックをご紹介します。

当サイトが考える「転職の技法」 >

おすすめ記事
  • 50代からの「頑張らない」習慣作り。脳の疲れをマインドフルネスで解消

    定年間近の50代を迎えると、どうしても副業・起業・これからのキャリアやライフプランなどを考える時間が増えてしまい、考えがまとまらず悩んでいる人は多いのではないでしょうか。 自分なりに努力していても結果につながらず、やがて考えることさえ面倒になってしまうケースも珍しくありませんが、それは必ずしも年齢に起因する問題とは言い切れません。 かつて、企業戦士・社畜などと揶揄されるほど…

  • 自由な働き方は加速する! 軽やかに働き方を変えていこう

    かつてはごく一部の業種に限られていた「リモートワーク」。 新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から導入せざるを得なくなったこともあり、2020年以降、瞬く間に市民権を獲得しました。 リモートワークが物理的に不可能な業種もある中、デスクワークを主とする業種の多くでは、「柔軟な働き方」への関心の高まりとともに、社員が自宅で業務を行いやすくする体制作りに力を入れる企業が増えてきました。  会社に滅私奉公する時代は終わり そもそも、我々40代前後の世代が子どもの頃は、「サラリーマン人生=人生そのもの」という風潮がありました。 残業が続いて帰宅するのは家族が寝静まってから 朝は子どもの起床前に出勤。平日は家族と顔を合わせて話をする機会がない 当時、共働き家庭はまだ少なく、夫が働きに出て専業主婦が家を守るのが普通 夫は子育ての細かなことには加わらず、育児は妻の担当 そのため、極端な例では、多忙すぎて我が子が小さかった頃の思い出があまりに少ないと後々嘆く声も聞かれたものです。 マイホームを購入したばかりで子どもを転校させたくないなどの様々な事情から、いざ転勤となれば単身赴任せざるを得ず、つきあいの飲み会や深夜残業、休日の接待ゴルフに至るまで、プライベートの時間を割いてまでも会社に「奉公」するのが当たり前。 それでこそが「仕事ができるサラリーマン」でした。 しかし2000年以降、業績不振により企業が大幅な人員削減に踏み切ることももはや珍しいことではなくなり、誰もが知っている大手企業が「リストラ」や「早期退職者」を募集するニュースを耳にするようになりました。 入社時にどんなに業績が好調だったとしても、世の中の状況や予期せぬ不祥事などで、それらは驚くほど脆く崩れ去ってしまうものだということを感じた人も多いはず。 もはや、年功序列・終身雇用の前提は崩れてしまったのです。 ――人生を犠牲にしてまで会社に尽くすのは割に合わない。 このように、サラリーマンの人生観は大きく変化しつつあるのです。それに追い打ちをかけるようにして、コロナショックは私たちの働く環境を大きく変えたのです。 関連記事:50代が会社の歯車として大企業に残るのはおいしい?それとも厳しい?    社員が自由に働けない会社は、もはや「時代遅れ」 「常識」は決して普遍的ではなく、時代の流れと共に変わりゆくもの。 かつてのサラリ […]

  • 面接で「当社は副業OKなのですが、副業はされるつもりですか?」と聞かれたら、どう答えるのがベストアンサーか?

    副業を解禁する企業も、副業をする人も増えています。副業を認めている企業であれば、社員が副業することは何ら問題ありません。ただ、副業OKの企業の面接で、「副業するかどうか」を聞かれることがあります。副業を認めているのに、なぜこの質問がされるのでしょうか。質問の意図を踏まえ、内定に近づくための適切な答えについて解説します。